指の関節黒ずみの原因は?【美白クリームランキング2017年版】

指の関節の黒ずみと糖尿病の関係

気が付くと指の関節に黒ずみが発生している場合がありますが、時にはそれが糖尿病が原因になっているのではないかと言われる事が有ります。

 

糖尿病は簡単に言えば食事で摂取した糖分が血液の中に混じってしまう病気のことです。

 

血液の中に含まれている糖分は放置しておくと血管だけでなく神経も壊死させてしまい、その結果壊死したところから先には血液が流れなくなってしまう為、酸素や栄養素が届かなくなってしまいます。

 

それによって徐々に色が変わって行き、気が付いたら黒ずんでしまっている場合があります。

 

でも、通常は心配しなくても大丈夫!

 

ただ指の関節の場合、何かしらで摩擦刺激をいつも受けていたりする場合もあります。

 

その場合、摩擦によって傷ができてしまうと肌はそれを修復しようとしてメラニンを放出します。

 

そこできちんとケアすれば良いのですが、ケアしないとメラニンが蓄積される一方となるので結果的に黒ずみが生じてしまいます。

 

さらにホルモンバランスが乱れてメラニンが蓄積しやすくなる場合も有ります。

 

また抑々指の関節はいつも伸び縮みしている部分なので、どうしてもあの部位に比べると角質が固くなって行ってしまいます。

 

角質が固くなっている部分はメラニンが貯まりやすく、さらにケアしてもなかなかスムーズにメラニンを排出し辛くなってしまう場合も少なくありません。

 

その結果、ドンドン指の関節部分が黒ずんで言ってしまうことに繋がります。

 

したがって、ただ単に指の関節が黒ずんでいるからと言って、その症状を見てぱっと糖尿病になっていることが分かるわけではありません。

 

さらに黒ずみは確かに糖尿病が原因と言う可能性もありますが、実際にはその可能性自体は低く、それ程高確率で発症しているわけではないからです。

 

とはいえ、確率が低いからと言って楽観視できるわけではありません。

 

ただ単に黒ずみが発生しているのではなく、例えば黒ずんでいる所が痛いとか、ドンドン指の関節から黒ずみが広がってしまう場合は、摩擦による色素沈着ではなく糖尿病が関係している場合もあるからです。