指の関節黒ずみの原因は?【美白クリームランキング2017年版】

指の関節の黒ずみが心配になったら

指の関節は、よく動かす部分なので、刺激によって皮膚が黒ずみやすいのです。指は目につくところなので、一部が黒ずんでいると恥ずかしいと感じる女性も少なくありません。

 

皮膚は、紫外線を浴びるなどして刺激を受けると、メラニン色素が増えます。通常であれば、メラニン色素はスムーズに排出されて消えていくのですが、様々な理由で肌のターンオーバーが乱れてしまうと、メラニン色素が肌に残って沈着することがあります。

 

関節は乾燥しやすく、刺激に対して弱い部分なので、できるだけ刺激を与えないようにすることが大切です。

 

指の関節の黒ずみが心配な場合は、顔や体だけでなく手も日焼け止めを塗っておきます。ただ、家事などで水を使った時に日焼け止めが取れてしまうことも多いので、こまめに塗りなおすことが大切です。ベランダや庭に出る時は、紫外線を防止するために綿やシルクの手袋をして出るようにすると、紫外線を避けることができます。

 

お風呂に入った時は、指もマッサージすると血行が良くなります。さらに、お風呂上りに美白ローションや美白クリームを塗っておくと、できてしまった色素沈着を改善することが可能です。

 

最近は、多くの化粧品メーカーから優れた美白化粧品が販売されています。ハンドクリームも、美白成分が配合されている製品が増えています。色素沈着が気になる女性は、美白成分が配合されたハンドクリームを愛用している人が多いです。

 

ハンドクリームには、保湿力が高い成分が含まれているため、乾燥からも肌を守ってくれます。人間の肌は、乾燥するとバリア機能が低下して外からの刺激に弱くなり、シミができたり炎症などの肌トラブルの原因になったりするので注意が必要です。

 

肌の黒ずみは、日頃のスキンケアで防ぐことが可能です。良く動かす関節には注意を払って、できるだけ丁寧にケアを行うことが大切です。保湿クリームを塗った後に、天然素材でできた保護用の手袋をすると、刺激から指を守ることができます。